病院のコンサルティングは人々を惹きつけます

会社設立の際には登記が必要ですが、これは自分でもすることができますが、必要な書類が複雑で独力で行うのはかなり大変です。
こういった登記の代理申請は司法書士の独占業務ですので、専門家に頼んだ方が安心でもあります。

特に定款作成から、出資の払い込みなどやることは多岐にわたるので、入念な準備と十分な期間が必要になってきます。

基本的に会社設立を司法書士に代理の依頼をしない場合、発起人が会社設立手続きを行います。

発起人とは定款に名前と住所を書いた人で、いわゆる会社の創業者という位置づけの人です。
ただし注意しなければならないことは、定款に名前を書き忘れると会社法上の発起人とはみなされないので、キチンと忘れず書いてください。その後定款を公証人役場に持っていき、認証をしてもらいます。


これには5万円かかりますが、この認証がないと定款が有効とならないので必要な手続きです。また発起人は1株以上株を引き受けなければならないのですが、この株を引き受けた時に払い込む金銭又は財産が、資本金となります。
ただし株を引き受ける際に払い込むのは基本的に金銭でして、発起人しか現物出資をすることができません。

というのも、株を発行する際にこれを発起人以外の外部の人に、募集をかけることができるのです。


会社法上は集設立と呼ばれるものです。しかしこの第三者は現物出資をすることはできません。

金銭のみ払い込むことができます。
このように会社設立には会社法に規定されている、様々な規則があるのです。

病院 コンサルティング関する情報探しのお役に立つサイトです。

あなたに合った条件の商品管理情報収集ができます。

品川 貸 会議室の最新情報を掲載しました。